住居表示とは??
住所の表し方の1つで、日本のものは昭和37年に施行された住居表示に関する法律に基づいて行われています。街をわかりやすくし、郵便物を配達しやすくすることを目的にした制度です。この制度により一定の方式により順序よく番号をつけ、その番号を住所とすることができるようになりました
地番とは??
土地の場所、権利の範囲を表すための登記上の番号です。明治4年に地租を徴するために土地につけられた符号(地番)で「土地」という財産に登記所(法務局)がつけた番号のことです。

→つまり、地番と住居表示は同じ場所につけられた番号ですが目的が違うということになります。

住居表示と地番が違う場合、どうしたらいい??
住居表示が実施された地区では、住所の番地と不動産の地番は異なりますので不動産登記簿謄本を取得する場合は、不動産の地番で請求する必要があります。住居表示から地番を調べるには法務局にあるブルーマップ(住宅地図上に地番が表示されたもの)等で確認する方法等があります。


まず建築確認申請は建築基準法に基づく申請行為で、不動産登記は、民法・不動産登記法及びその他政令等によって規律されるものであります。

→つまり、申請の基になる法律が違うということになります。

建築確認の床面積とは??
建築物の各階またはその一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平面積で、ピロティ・ポーチ・バルコニー・吹きさらしの廊下などは床面積に算入しません。
不動産登記法の床面積とは??
屋根及び周壁又はこれに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるものをいうと規定されています。簡単に説明すると「天井があって3方向以上が壁やガラスなどで囲まれていて、床から一番高い天井までの高さが1.5m以上の部分」を登記床面積に算入することになります。
床面積が違ってしまう主な理由は??
双方とも大きな違いはありませんが、床面積が違ってしまう主な理由として、建築確認は庇や屋根のある屋外階段、一部周壁のある駐車場、デットスペース等を算入することに対して、不動産登記法はそれらを概ね算入しないこと等があります。
床面積が違う場合、どうしたら良いですか??
銀行は融資する際に、建築確認申請書を基に融資ができるかを判断します。そのため、建築確認申請の床面積と登記簿の床面積が違うことに、説明が求められる時があります。なぜなら銀行は融資の際の担保の面積が少ないと価値が下がると考えるからです。

その場合は理由書という床面積の違いの理由や部分を書いた図面を銀行に提出する必要になる時があります。


境界線は現地にて客観的に確認できないものです。

この事により

  • フェンスを新設したいのにどこに設置していいか分からない
  • 隣接地の工作物、樹木の枝等が越境してきているように思うが
  • 売買を考えているが自分の土地の範囲がわからない
  • 家の新築、建て替えを検討中だが敷地の形状、地積がはっきりせずプランがすすまない

等、いろいろな問題があるものです。又、このような事から境界の位置について隣地の方と紛争に発展し、日々、嫌な思いをしながら生活をおくることになります。

境界確定を行う事により現地にて境界線の位置を客観的に確認出来る標識を埋設しますのでいろいろおこりえる問題の未然防止、紛争の解決に繋がります。


お問い合わせ

電話受付
東京本部:03-5577-3141
大阪事務所:06-4797-0903
平日 AM9:00〜PM6:00
メール申込みフォーム
24時間受付

土地家屋調査士 ( 大阪 東京 横浜 仙台 ) 新築 増築 分筆 不動産 土地 家屋 住宅 登記 手続き 境界紛争 (トラブル) 測量 報酬 費用 表題登記

大阪(大阪府 大阪市)兵庫(兵庫県)奈良(奈良県)東京(東京都)横浜 仙台エリア対応

Copyright © 土地家屋調査士法人A.I.グローバル All Rights Reserved.