HOME  > コンテンツ  > 土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは

境界に関する専門家、医者のようなモノ

建物が建った時皆様はどうされますか?
銀行で融資を受ける時その前提として「建物表題登記」が必要になってきます。
床面積が登記簿(公簿)と現況に差がある時
建物表題変更登記」が必要になってきます。
建物を取毀した時
建物滅失登記」必要になってきます
土地の現況面積と登記簿(公簿)が違う時
土地地積更正登記」が必要になってきます
土地を分割したい時
土地分筆登記」をします。

以上、不動産登記簿の表題部に関する手続きを所有者に代わって法務局に代理人として届けるプロの専門家です。

ご相談はこちらから

電話受付(平日AM9:00からPM6:00)
東京本部:03-5577-3141
大阪事務所:06-4797-0903
ご予約で時間外・土日祝日も対応いたします。
メール無料相談(24時間受付)
プリンタ用画面
前
アクセス
カテゴリートップ
TOP
次
お問い合わせ

お問い合わせ

電話受付
東京本部:03-5577-3141
大阪事務所:06-4797-0903
平日 AM9:00〜PM6:00
メール申込みフォーム
24時間受付

土地家屋調査士 ( 大阪 東京 横浜 仙台 ) 新築 増築 分筆 不動産 土地 家屋 住宅 登記 手続き 境界紛争 (トラブル) 測量 報酬 費用 表題登記

大阪(大阪府 大阪市)兵庫(兵庫県)奈良(奈良県)東京(東京都)横浜 仙台エリア対応

Copyright © 土地家屋調査士法人A.I.グローバル All Rights Reserved.